中山みち 2018 お正月飾り展 2017.11.26 AM11:00〜PM5:00 2017.12.03 AM11:00〜PM5:00

画像(200x200)

びょうびょう
“byo byo”
戌 Dog
W11×H7×D2.6 cm
狂言の世界でも、よく出てくる擬音語びょうびょうびょう(犬の鳴き声)
日本人が犬に鎖をつけて飼うようになったのは江戸時代からと云われています。
それ以前は放し飼いで野性味のある獰猛な犬も多く、
今日本で飼われているような犬の鳴き声とは違っていました。
狂言などで鳴き声を「びょうびょうびょう」と言うのは、
当時の犬の声が今とは異なり「びょう」であったため、あのような表現とされています。
そして江戸時代からは、犬の置かれる環境も変化に伴い、
現在でも使われる「わんわん」という表記が見られるようになりました。
また日本語は、このようなオノマトペ擬声(音)語・擬態語が非常に多い国で万葉言葉、大和言葉なども更に多かったと想像されます。
私たちの生活の中でも、このオノマトペはなくてはならない存在です。

今回は、そんな日本人のルーツをも探っていけるような作品にと制作しました。

画像(200x200)

中山みち 2018  お正月飾り展
 
 2017. 11.26 (日) & 12.3 (日) 2日間のみ (両日作家在中) 
 
会場 = 花CAFE GALLERY FOREST
 
〒 780−8010 高知市桟橋通り2−4−18 (AM11:00〜PM5:00) ※ 駐車場あり
 
Tel. 088−833−8328
 http://forest-studio.com
 
カフェでは季節のランチと、ケーキセットなどもご用意しています。


→→中山みちOfficalSite